October 13, 2015

001 DCIM0317002 DCIM0442003 DCIM0003






↑左…シードゥ260のスーパーチャージャー、オーバーホール(クラッチ交換)っす。メーカー指定は100時間なんですけど、50Hで滑り始める船もあれば150H以上でも大丈夫だったり…ん〜。来年はシードゥも300馬力モデルが出そうなんですけど、耐久性とかどう作ってくるのかな〜!?

↑中…こちらは2014年型FXクルーザーSVHOのSC。50時間でクラッチ故障。ハズレ部品かと思ったんですけど、他店でも40〜70Hで滑り始めた船が3台ありました。ん〜

↑右…ウルトラ310のSC。300から採用されているイートンSCは今んとこSCローター固着なしっす(関西の外海など潮が濃い水域では固着したケースもあるらしいです)。テンショナーとプーリーとベルトの交換だけで済んでるんで、ありがたいですね〜。あ、でもクラッチ交換もベルト交換も費用はあんま変わんないんか…。ウルトラ260までのSCはローター固着とコーティング剥がれが多いんで気をつけて下さいませ

004 DCIM0074005 DCIM0138006 DCIM0349






↑左…これは社外品のSC付けた15F。かっちょ良いんだけど…むにゃむにゃ… 今年、カワサキがバイクにSC付けて発売(H2)したんですけど、内製でサイズも小さいの。これジェットスキーに流用してくんないかなーと。ハンドリング良くて軽い、STX15FにSC付けて発売してくれたら嬉しいな〜、出ないだろうな〜

↑中…ウルトラ250のテンショナー。オーナーが自分で調整しようと、プーリー軸を緩めないで上からアクセスできるねじだけ回そうとして壊してしまうケースが多いです。あと大抵は錆び固着してますんで、プレートごと外して下さいませ。んで組むときは固着止めでグリスとシリコン塗布やってね

↑右…塩溜りがすごかったインタークーラのお掃除。よくお客さんに「水洗するときソルトアウェイは有効なの?」と聞かれるんですが、水洗で薬液が効くのは冷却水の通路だけなんで、空気をエンジン内に通すインテーク周りは、防錆剤を吹き入れるとか写真みたいに時々外して掃除して下さい〜。特にシードゥのICは弱いす

007 DCIM0419008 DCIM0433009 DCIM0005

↑左…14年型のウルトラ310LX。生産不良で船底にクラックが…。エンジン抜いてタンクも外して修理っす。やー面倒くさ

↑中…今シーズン一番悩んだ修理、これもウルトラ310LX。ゼロ発進の時だけ、アクセルぱか開けするとリミッターに当たってハンチングしてストール。原因はインペラの歪みだったんですが、ばばばってキャビテーションしないからインペラじゃないと誤判断したのが大間違い、FポンだのECUだのブースト制御系だの散々疑って、やーもう分かんない〜ってインペラ外してよく見たら少し歪んでたけど、この程度じゃ大丈夫だろーと思いつつ交換してみたら…直っちゃいました、いやんもう…

↑右…前記のウルトラ。ウォーターボックスetcも疑って外してみたら、EXパイプが、これまた生産不良で凹んでました。「やった原因見つけた」と一喜したんですが、違いましたねー。この程度の排出面積減じゃ何にも影響ないんだなーたぶん…

010 DCIM0070011 DCIM0240012 DCIM0088

↑左…ウルトラねた、まだ続きます。逗子バナナボート隊長、S村さん。完沈した知人艇の修理。波で転覆したらしいんですが…ウルトラは船体が大きい割に静止ロールしやすいんで、2〜3人乗船での転覆事故がほんと多いす。運転手さんがバランスをとってあげれば良いんですけど…って言われてすぐ出来るもんでもないんですけど、気をつけて下さいませ〜

↑中…今年モデルのVXR、これも転覆。相模川河口の大波でひっくりかえってシートが外れて漂流して… オイルパン外したら砂が出てきました。直って良かったですね、ほんとに

↑右…去年モデルのウルトラ310LX。電源入れるとオーディオのヒューズが飛ぶの。最初はスピーカーのショートだの配線擦れだのを疑ったんですが異常なし。んで試しにユニットをレッツチャレンジでばらしたら、基盤に来てるプラスのはんだが取れて、すぐ隣のマイナスに接触してました。はんだ付け直して、本来は非分解だもんで、ばきって割った箇所を補修してコーキングして修理完了。これアッシーで6万円もするんで、直って良かった〜

013 DCIM0006014 DCIM0013015 DCIM0046

↑左…ヤマハFX140のスロットルボディー。バタフライのシャフトが固くなって開きっぱなしになっちゃう。今回はまだ症状が軽かったんで、補助スプリングを付けちゃいました。ほんとは全ばらして直したいんですけど、これもアッシーでしか出ないんですよね〜、この症状けっこうあるんで、困る…

↑中…デッキマットの張り替え。写真の電動ツール買ったら、あら便利! 今までのスクレッパー手作業は何だったんだろうと。弘法も筆次第ですよー、びっくりー

↑右…去年型のスパーク。始動不良だったんですが、カムポジセンサのコネクタ接触不良でした。もう1台、航行中に突然エンジン停止。こっちはヒューズボックスにあるシステムリレー切れ。今んとこスパークはあんま壊れてないです。石の嚙み込みでポンプケースが割れたとか、その程度ですかね

016 DCIM0254017 DCIM0094018 DCIM0113

↑左…毎年1〜2台は依頼が入る15Fとウルトラ250〜260のウォーターラインニップル交換。「15Fのマフラーを外したいんだけどウォーターボックスから抜くのどうしてる?」って質問を何度かいただいてるんですが、固着してたらカプラー切っちゃってくださいませ。3000円ですから、その方が楽です〜

↑中…前記の続き…カップリングが外れないって、これも良く聞かれます。インパクトでもだめな時はやっぱ切っちゃって下さい〜。ウルトラだとプーリー付きで2万円するからちょっともったいないんですけど、クランク前部の押さえ、造りが弱いからあんま力掛けたくないっす

↑右…FX−SHO。セルボタン押しても反応なし、メーターの針が途中で止まったまま。グリーンランプは点灯してると…んーと、メインハーネス交換で直りました

019 DCIM0225020 DCIM0443021 DCIM0169






↑左…ウルトラ150。1番シリンダだけ焼き付き。原因はウォーターライン抜けでした。ヤマハ2スト3発(XLTなど)だと、オイルライン抜けが多いです。上から覗いても見えないんでちょっと面倒くさいですけど時々点検してくださーい

↑中…「ばばばって唸るだけで走らない」と言われたんでポンプケース覗いたら、すんげーでかい石が入ってました。インペラもぐにゃぐにゃに曲がってしまったんで交換です。浅瀬だと意外にあっさり吸い込んじゃうんで、お気をつけ下さいませ〜

↑右…そんな浅瀬でウェイクボード三昧な21フィートジェットボートのオーナー、K玉さん。何度もポンプケース修理やって見せてたら、いつしか自分で出来るようになりました。己の船は己が直す、海の男だね、かっちょ良い〜

022 DCIM0270023 DCIM0037024 DCIM0107

↑左…個人売買で買ってきたらしいシードゥ。新艇でおろしてから一回もパソコン繋いでなかったみたいで、BUDSアップデートに20分。特に電子ブレーキ付きは時々パソコン繋いで下さい〜

↑中…キャブ修理やオーバーホールのとき、原因がいまいち掴めない場合はメインジェットもニードルシートもスプリングもアームもダイアフラムも新品に替えてみて。へたりで不調な事が多いです。もう船齢十数年オーバーですから

↑右…VXの最廉価モデルにリボーディングステップ取り付け。んーと、けっこう面倒くちゃいす。特に位置決め?少しでも曲がってたりしたらかっこ悪いもんね

025 DCIM0147026 DCIM0416027 DCIM0255

↑左…ホンダバモスにヒッチメンバー取り付け。ヒッチメーカーで設定が無かったんで、別車種用を切った貼ったの溶接加工で取り付け。宮本鉄工さま、いつもわがままを聞いてくれてありがとうございますー

↑中…シードゥiS系は上からだとほとんどアクセス出来ないんで、修理のときは大抵こうなります。だから何だって話しなんですけど、絵的に面白いかなと〜♪

↑右…ハブベアリングが錆びて焼き付いてタイヤ外れちゃった…の図っす。トレーラー引いてるときは時々ホイール中心を触ってみて下さい。大体50度以上発熱してたら要メンテナンスですー


028 DCIM0535

  eat & sleep & Gooooo JET SKI ♪

usetheforce at 21:02コメント(0)トラックバック(0) 

October 12, 2015

001DCIM0365002DCIM0327003DCIM0587

↑左…横須賀の高新塗装さま、数年前から修理仕事を頂いてたんですが今年はウルトラ310Xを新調。ご友人のA原さまも155ウェイクを買ってくれました。毎度ありがとーございます♪

↑中…以前、うちで買ってくれたお客様の紹介でいらしたY崎さん。260aSをご購入。来春は早くも新型に買い替えだそうです。あざーす♪

↑右…スズキのすんげぇ速いバイク、1300ハヤブサに乗ってたK田さん。海でも速いのが欲しいとウルトラ310をご購入。最高速100キロちょっとじゃすぐ慣れちゃうんじゃないかと心配だったんですが、「感覚がバイクと全然違うからこわい〜、面白い〜」と仰っていただきました。良かった♪あざーす

004DCIM0386005DCIM0196006DCIM0236

↑左…こちらも紹介でご来店のM屋さま。初めての自己所有なんですが、ご自宅の玄関に納艇したとき「おー、かっこ良い〜」と喜んでくれました。あざーす♪

↑中…去年、前期型のSHOを買ってくれたN海さま。「新型の白いの良いねー!」と、今年はFXクルーザーに買い替え。あざーす♪ あ、この写真、白ヤマハだらけ

↑右…広島のPWC販売店、レスキューボートさま。仲良しのお客さんがうちの中古艇を買うからと、クルマで一緒に来てくれました。あざーす♪

BlogPaint008 DCIM0142009 DCIM0389

↑左…岐阜からお越しのA井さま。GTXリミテッドご購入。黒ゲレンデにガンメタのボート、雰囲気かっちょ良い、モーターヘッド誌とかに載っちゃいそう。あざーす♪

↑中…バイク好きのM尾さま。310LXもバイクっぽくしたいとレーシングハンドルに交換。んで今年はこれで釣り三昧だそうです。あざーす♪

↑右…夢の島マリーナを拠点にしている方が130GTIを買ってくれたんで配達。久しぶりに都会に出ました。東京のマリーナはすげー船がいっぱい〜

010 DCIM0053011 DCIM0054012 DCIM0205






↑左…FX−HO新型に買い替えのW辺さま。新艇を1回も乗らずに外装ばらして自分でオールペン。仕上がりすげー上手いの、びっくりー!

↑中…こちらも新艇でご購入のW辺一派、K島さん。こっちも自分でオールペン。ファイヤーのバランスとかさ、フレークの散らし方とかさ、すげー良いの。こんなん趣味で出来ちゃうんだなーと感嘆しちゃいました。

↑右…サーフィンもSUPもやっちゃう下肢障がい者のM川さん。去年作ったSJフリーライド艇に飽きたらず「ショートボードみたいな立ち乗りが欲しい」と今年はFX700ベースで製作。凝り性だなー、バックフリップがんばって〜!

013 DCIM0019014 DCIM0250015 DCIM0080

↑左…上のSJとFXを塗ったヒロキックスデザイン(http://www.hirokix-design.jp)の主宰、現役A級レーサーひろき君。気合い入れて塗ってるときは、ここまで近づいても気が付きません。超集中、見習わなきゃね〜、かっちょ良い!

↑中…夏の逗子海水浴場でバナナボート屋さんやってるS村さん。ジェットスキーの何たるかを本気で知りたいと、米軍や自衛隊にもPWCレスキューを指南している団体、K38の訓練に参加。「すげー勉強になった」と喜んでました。しまさんもかっちょ良い〜!

↑右…こちらはシードゥ(BRP)が開発したレスキュー用のジェットスキー。カナダの消防士が設計したそうです。500万円だって!

BlogPaint017 DCIM0058018 DCIM0096






↑左…現行の座り乗りジェットスキーで一番コンパクトなシードゥスパーク。小さくて軽いから、インテグラみたいな小型車でも楽々牽引できちゃいます。つか、大波のときは小さい船のがいけるからさ、スパークでもレスキュー艇作ってくんないかしら

↑中…いつも息子さんと夫妻で乗りに来るA様。この絵面がね、良いんですよ〜、メーカーの写真みたい

↑右…今日の由比ヶ浜。近所にお住まいのI藤さんご夫妻。いつも二人でスパークと800SXRを手押しで出してます。軽い船はこんな気軽さが良いね♪ …今回のブログ、スパーク褒めまくり

019 DCIM0271020 DCIM0293021 DCIM0065

↑左…今夏、日本でも発売されて逗子海水浴場で試乗会やってたジェットサーフ(http://www.jetsurf-japan.com/)。昔あったミズノのサーフジェットより小さくて軽くて速いの。これでゴーペットやスノボークロスみたいにレースやったらすげー楽しいだろうな〜♪

↑中…こないだ知人の女子大生N美ちゃんが水上バイクの免許を取るってゆーんで、スクール(http://shonanlicense.co.jp/wp/)に同行してきました。今回に限らず、10〜20代で免許取る人が多いらしいです。おー、良い事だ。メーカーさん、安いジェットスキーもっと出しましょー! …という訳でスパーク!?

↑右…先々週の由比ヶ浜。夏の喧騒がひと段落して、のんびり日向ぼっこなうちの艇庫会員さま御一行っす

022 DCIM0032023 DCIM0038024 DCIM0024

↑…今年もシードゥ(BRPジャパン)主催の耐久レースイベントに行ってきました。今年はスパーククラスに7台エントリーがあったんですが、テクニック差があんま出ないみたいで、ずーっと僅差で追っかけっこしてました。スパークでレース、面白いっすよ〜! …今回スパーク推しまくり


須藤さんスパーク1408 1408920515710※各メーカー新艇のお見積りやカタログ請求、艇庫保管に関してのお問い合わせなど、お電話またはメールにてお申し付け下さいませ。

eat & sleep & Gooooo JET SKI ♪

usetheforce at 21:17コメント(0)トラックバック(0) 
Need OCEAN LIFE ?
“SPLASH”GarageOneTOYS鎌倉のロゴ





当店"SPLASH"TOYS鎌倉は、江ノ島と鎌倉をホームゲレンデとして、春夏秋冬、多彩なシュチュエーションを楽しめる湘南海岸でのマリンスポーツを提供している、ジェットスキー&ボートのサービスディーラーです。

ディーラーと申しておりますが、販売・修理・改造はもちろん、十数年に渡るレース参戦やプレジャーボート業界での経験を元に、個々人が抱くマリンスポーツ&レジャーのイメージを具現化し、かつライフスタイルとして永く続くよう、提案とサポートを行っております。

HOLIDAYは青空のもとで仕事の疲れを癒すと共に、気の合った仲間達や家族とレジャーを満喫し、明日への鋭気を養っていただきたい…

それが当店スタッフの一番の願いです ♪


◇ 業務内容 ◇

◇販売…ジェットスキー(マリンジェット・水上バイク・PWC)・プレジャーボート・船外機

◇施工…修理・改造・船舶検査・車検・改造申請・トレーラー登録・FRP造作&MOD・カスタムペイント

◇艇庫保管・レンタル etc…ジェットスキー・ミニボート・ウェイクボードチャレンジ

◇買取・委託販売…ジェットスキー・プレジャーボート

◇輸出入可能国…北米東海岸・グアム・タイ

◇船舶免許スクール・損害保険取扱い・クレジットOK(実質年率3.9〜5.9%)・USS,BDS,アライ,など各オートオークション加盟・鎌倉マリンスポーツ連盟員・PW安全協会員・鎌倉商工会議所会員・Tポイントカード提携


クレジットマーク
Tpoint20kb 70706









※海岸線134号から一本入った裏鎌倉にて営業しておりますので、お越しの際は道順などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

由比ガ浜坂ノ下海岸から車で2分・JR鎌倉駅から7分、江ノ電極楽寺駅から徒歩3分です。


〒248-0023
神奈川県鎌倉市極楽寺2-2
TEL:0467-33-4496

営業時間…10:00-19:00

Mail:splashtoys@yahoo.co.jp


6aDVC00302







Gooooo !! Heaven with us
Gooooo ! Face Book




New Article
Google ⇒ スプラッシュ鎌倉
QRコード
人気ブログランキングへ

ジェットスキーアイランド