January 04, 2014

a01 ult300 01DCIM0003a02 ult300 02DCIM0126a03 DCIM0052





↑左…昨シーズンも多かった完沈修理。波とかでの転覆はまだしょーがないと思うんですが、絡まったロープを外そうと船を引っくり返しちゃう方がいます。船体を反転させるとビルジラインから空気が抜けて、けっこーあっちゅう間にエンジンルームに水満タンす。お願いだから止めてくだされ〜

↑中…加速不良のウルトラ300、テンショナー固着によるベルト滑りでした。300になってからのウルトラは故障もベルト減りも少ないっすね。ただ、ノーズが潜りやすいからか、エンジンルームに入った水が暴れてエアボックスから吸ってインタークーラー潮まみれ…は良くあるケース。時々点検してくださーい

↑右…ウルトラ250&260。あちゃこちゃ潮だらけで、スーパーチャージャー、エアボックス、インタークーラー、ブローオフバルブ、スロットルボディまで掃除しまくりがスタンダードなコース。あとテンショナー錆び固着とチャージャーロータの潮固着も多いっす。ベルト交換の時にまとめてやらせてちょーだい

b01 DCIM0043b02 DCIM0268b03 NEC_0034






↑左…今年一番悩んだ修理、シードゥ215の充電不良。ステーター(ジェネレーター)故障とハーネスの通電不良だったんですが、ステーター出力電圧は20V以上あるのに電流値が何故かミリアンペア。あとレギュレーター単体では正常なのに何故かハーネスに繋ぐと出力しない…計測コードを作って計ったり別の船に付けてみたりと悩みまくりました。エンジンばらせばボルトぽきぽき折れるし…んもぅ

↑中…これ15Fだっけな、始動ときどき不良、加速しょっちゅう不良、パソコン診断エラーなし…ん〜と、ガソリンタンクに1リットル海水が入ってました、何でぇ?? あ、07年辺りまでのシードゥなんですが、ガスタンクにエアを入れるラインから水を吸って燃料ポンプの上部に溜まってる事があります。あと某ショップでは12年以降のSD260でチェックバルブの塩詰まりが何台か有ったそーっす

↑右…メンテマークとコーションがピーピー言いっぱなしのシードゥ260リミテッド。パソコン繋いだらハンドルにいっぱい付いてるボタンのうち1個が固着してるだけでした。こんなんPC診断なかったら、ひがな一日悩みまくりです。あとシードゥのECUはメーカーがちょくちょくバージョンアップやバグつぶしのアップデートを公開するんで、専用のBUDSでたまにデータを書き換えしてくださーい

c01 DCIM0092c02 NEC_0032c03 DCIM0061






↑左…こちらも260リミテッド。水洗してもインタークーラーの水路で洗いきれない箇所があるらしく、溜まり水を排出するニップルを新設した改善部品が出てます。効果のほどは?なんですが、特にシードゥのICは潮錆び(電食)で穴が開いて、海水がエアインテークに流入しちゃうトラブルが多いんで、水洗のとき真水やソルトアウェイをたんと流してあげれば良いのかな〜

↑中…充電不良とアイドリング不安定のシードゥ215。お約束のレギュレーター破損と、アイドルはハーネスの端子を清掃したら直っちゃいました。あ、そーいえば07年あたりまでの1503ENGはカムチェーン切れが結構多いらしんで、ちょっとお金がんばって交換しちゃってくださいな

↑右…ツインプロップとは関係ない修理で入庫したボートなんですが…ポンプケースを外したら、社外品のイモネジ止めキャップが外れて遊んでました。キャップが原因で、エンジン回転は上がってるのに加速しづらくなる(キャビテーション)のはJS550時代から良くあるケース。純正インペラーもゴムキャップを付けないだけでキャビったりするんで、ポンプケースを嵌めるとき面倒くさくても、はしょらないで頑張って付けてね

d01 DCIM0088d02 DCIM0068d03 DCIM0002





↑左…ウルトラ250&260のチャージャーローター。幅で2ミリ以上コーティングが剥がれると加給圧が落ちて走らなくなっちゃいます。アッシー交換だと20万円コースなんですが、関西の某老舗チューナーがオーバーホールをやってくれます(損傷の程度による)。OH5万円弱+大抵はSCプーリー交換2.5万円で7万円以上はいっちゃうし、新品のようには戻りませんが、少なくとも1〜2シーズンは保つと思うんで、修理コストを何とかしたい方には朗報じゃないでしょうか

↑中…ウルトラ250&260と15Fで、新艇から6年以上経ってる船は、冷却水のニップル(インマニ下とカップリング前の上下)が錆びで折れますんで、時々点検してくださ〜い。完沈しちゃうもんね。ちなみに現行艇は対策部品が付いてます

↑右…ヤマハのVX。プラグホールに結露や海水侵入で、IGNが固着するケースがけっこう多いっす。これが原因でDIキャップが破損したりプラグが折れたりします。とりあえず対策で、プラグのネジ山にアンチシーズ、キャップにはグリスを塗布するんですが、一番はちょくちょく点検することっすね〜。あとVX系はスロットルボディ故障がすごく多い。アクセルポジションセンサ故障とかは殆ど無し。あ、こないだ埼玉のクルマ屋さんから聞いたのは…バタフライが暴れるんでセンサ故障かと思ったらECUが壊れてたってさ

e01 DCIM0084e02 DCIM0108e03 DCIM0117





↑左…カワサキ2スト艇全般の電装ボックス。防水キャップが経年劣化で割れてるのは、もーぜんぜん普通の事っす。中古艇を買ったらまず点検してくださーい。あ、あとお約束もう1個。12FまでのSTX系はボディのドライブシャフト通ってるとこが剥がれて水だだもれ。ほぼ全艇かなって勢いで、そろそろ未修理の船は居ないんじゃいのって感じです。あ、すんませんあとね、3連キャブ艇とかでエンジン掛かりづらい船は、お金いっぱい使って修理するより、エアクリーナにガソリンぴこぴこ吹かせるプライマーKIT付けちゃった方が無難す。原因はキャブだけじゃないから

↑中…2010年のRXT260。5分走ると加速不良? PC診断フォルト履歴なし。プラグ換えてもだめ、インタークーラーもSCクラッチも異常なし。原因は…DI水よけカバーの劣化によるDIキャップ抜けでした。もー自分の点検力不足がいやんなっちゃいました。プラグ点検して走らせてブブブって加速しなくなったら再度プラグチェック…こんとき気づけっての、んもーくだらなすぎ。とゆー訳で、カバーが新しいうちは浸水対策でグリスを塗るんですが、古くなってびろびろしてきたら滑って抜けないようにグリスを拭き取る、つか交換ですね。因みにこの件はBRPテクニカルニュースにも出てました、すまーん。あ、そーいえばこの船、10年モデルなのに08あたりの割れやすい、対策前のSCクラッチが何故か付いてました。中古艇だから?何でぇ〜??

↑右…BUDSでセンサーエラーのシードゥ215。インタークーラーを抜いたらブローバイオイルと水?でぐちょぐちょでした。これじゃちゃんと空気入んないと思うんだけど結構まともに走っちゃう

f01 DVC00032f02DVC00022f03 DVC00035






↑左…エンジン掛からない15F、ICSバルブの動作不良が多いんですが、この船は燃料ポンプ故障でした。あ、そーいえばこれも埼玉の車屋さん情報なんですが、スズキの軽自動車(車名忘れました)はECU、ICSともに15Fと全く同形状で、メーカー指定ではどっちが壊れてもセット交換だって。うちでは今んとこエンジン作動時にICSが発熱するか否かで判断するようにしてます

↑中…これも燃料ポンプ故障…つかさ、これ長年たまった、錆びたガソリン携行缶の内壁破片でしょぜったい…こんなんお願いだから止めて〜

↑右…ヤマハ2スト艇の中間カップリング。ゴム製のフローティング部が割れて水だだもれって事がすっげー多いんで、エンジン下ろす用事ができた時は必ず交換しちゃってください。マウントの劣化やENG脱着時の芯づれで、経年劣化したゴムが一気に割れるのかも

g01 DVC00158g02 NEC_0030g03 DVC00167






↑左…STX1100。ポンプケースベアリングが錆びて砕けて固着してドライブシャフトにインペラーが残っちゃったの図。ここまでひどいのは初めてっす。4スト艇はベアリングがいかれてインペラーがクランクを押してエンジン壊れちゃう事もあるんで、時々点検してくださ〜い

↑中…04年位のシードゥRXT、走ると水もれ。右後方っぽかったんで、右ウォーターボックス外したらステアリングアシスト(OPAS)のホースが抜けてました。んで直して走らせたらまだ浸水。シート外してエンジンルーム眺めながら走らせたら全開の時だけ左ウォーターボックスに被ってるゴムカバーの隙間から噴水発見。この船が出た当時、300馬力越えのレースボートがしょっちゅう割れたらしんで、これもそうかと思ったら潮錆びの穴開きでした。とりあえず溶接で修理。あ、本で読んだんですけど、塩の結晶ってダイヤモンドより固いらしい。そのうえ、水が抜けて固形化するとき膨らむからまじでたちが悪いっす、しかも電気をばりばり通して漏電させちゃうし、電位差でアルミをぼろぼろにしたり塗膜の下に入りこんで剥がしたりetc…

↑右…ウルトラ150のスターター不良。原因は十数本のコードを分岐させているジョイントコネクタとゆー箇所の接触不良だったんですが、最初ぜんぜん分かんなくて、テスター用配線を作って割り込ませたり、在庫艇からハーネスやECUを取っかえ引っかえしてみたりSWをばらして短絡させてみたりetc。こーゆー修理って原因を見つけるより後始末のが大変す。あー面倒くちゃ…

sensaDCIM0076h01 DCIM0102h02 DCIM0057





↑左…シードゥの水温センサ。こんなん付けるだけでもケミカル3種使います。ネジ山には固着&水漏れ防止の液体ガスケット、端子に通電グリス、あとコネクタ内周に浸水止めの耐水グリス。エンジンのボルトナットなども防錆&固着を出来るだけ防いで船の寿命が延びるようにグリス、シリコン、防錆スプレー、カジリ止め剤etcを多用します。ジェットスキー修理ってほんと面倒くちゃ…あ、いや何でもないっす。うちが触った船は長寿命で調子良いって言われたいじゃん ♪

↑中…日本に3台しかないらしい?ハイドロのNA3気筒、シリーズS。たかだかウォーターラインの詰まりetcなんですが…N様すんません、もう少し時間ちょーだい…

↑右…当店イメージガール?のE子さんが、北海道ソロツーリングから無事帰還した時のフォト。「北海道でかかったー」ってさ。ニンジャで女の子ひとり旅、かっちょ良いよね〜♪  あ、そーいえば、いつも付けてる爆音モトGP管が普通のサイレンサーマフラーに変わってました。いちおー気を使ったんだってさ。お嬢様その御心遣い素晴らしいっ!!

i01 DCIM0007i02 2014初乗り001DCIM0010





↑…1月4日、いつものメンツで初乗り&江ノ島ゲレンデの安全祈願をやりました。皆さま、今年も楽しく海遊びしましょーね ♪

えっと…昨年度、ジェットスキー本体の販売・修理・メンテナンス合計で116件のお仕事を頂きました。数あるショップから当店をお選び下さっている皆々様、まじでありがとーございます。本年も何卒よろしくお願いしま〜す ♪

            --- A HAPPY NEW YEAR !! ---


※ ジェットスキー各艇の当店価格は下記をご参照くださいませ ↓
http://blog.livedoor.jp/usetheforce/archives/cat_36462.html

                        … eat & sleep & JET SKI ♪ …



usetheforce at 18:44コメント(0)トラックバック(0) 

September 05, 2013

a11378363310563a21378363319536a31378363396983






d11378363323626d21378363335695d31378363377818






b11378363301911b21378363400427b31378363367239






c11378363389022c2F1000007c31378363292605







N谷さん1378363284779当店艇庫会員のN谷さんがいま考えてること ⇒ 『1年中ずーっと海水浴場やっててくんね〜かなぁ… ♪ 』

※ “今夏の収穫” シリーズ1は下記をご参照くださいませ ↓
http://blog.livedoor.jp/usetheforce/archives/1240916.html



ジェットバナーDSC_0146








※ ジェットスキー各艇の当店価格は下記をご参照くださいませ ↓
http://blog.livedoor.jp/usetheforce/archives/cat_36462.html

                        … eat & sleep & JET SKI ♪ …


(注) 当ブログはスマホ版よりパソコン版の方が見易いっす。お手数ですが表示切替にてご閲覧くださいませ

usetheforce at 18:51コメント(0)トラックバック(0) 
Need OCEAN LIFE ?
“SPLASH”GarageOneTOYS鎌倉のロゴ





当店"SPLASH"TOYS鎌倉は、江ノ島と鎌倉をホームゲレンデとして、春夏秋冬、多彩なシュチュエーションを楽しめる湘南海岸でのマリンスポーツを提供している、ジェットスキー&ボートのサービスディーラーです。

ディーラーと申しておりますが、販売・修理・改造はもちろん、十数年に渡るレース参戦やプレジャーボート業界での経験を元に、個々人が抱くマリンスポーツ&レジャーのイメージを具現化し、かつライフスタイルとして永く続くよう、提案とサポートを行っております。

HOLIDAYは青空のもとで仕事の疲れを癒すと共に、気の合った仲間達や家族とレジャーを満喫し、明日への鋭気を養っていただきたい…

それが当店スタッフの一番の願いです ♪


◇ 業務内容 ◇

◇販売…ジェットスキー(マリンジェット・水上バイク・PWC)・プレジャーボート・船外機

◇施工…修理・改造・船舶検査・車検・改造申請・トレーラー登録・FRP造作&MOD・カスタムペイント

◇艇庫保管・レンタル etc…ジェットスキー・ミニボート・ウェイクボードチャレンジ

◇買取・委託販売…ジェットスキー・プレジャーボート

◇輸出入可能国…北米東海岸・グアム・タイ

◇船舶免許スクール・損害保険取扱い・クレジットOK(実質年率3.9〜5.9%)・USS,BDS,アライ,など各オートオークション加盟・鎌倉マリンスポーツ連盟員・PW安全協会員・鎌倉商工会議所会員・Tポイントカード提携


クレジットマーク
Tpoint20kb 70706









※海岸線134号から一本入った裏鎌倉にて営業しておりますので、お越しの際は道順などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

由比ガ浜坂ノ下海岸から車で2分・JR鎌倉駅から7分、江ノ電極楽寺駅から徒歩3分です。


〒248-0023
神奈川県鎌倉市極楽寺2-2
TEL:0467-33-4496

営業時間…10:00-19:00

Mail:splashtoys@yahoo.co.jp


6aDVC00302







Gooooo !! Heaven with us
Gooooo ! Face Book




New Article
Google ⇒ スプラッシュ鎌倉
QRコード
人気ブログランキングへ

ジェットスキーアイランド